ブレイクダンスとフィットネスの融合【BREAKLETICS】

BREAKLETICS(ブレイクレティクス)とは、

ブレイクダンスとフィットネスが融合したエクササイズです。

 

ドイツ発祥でトップクラスのブレイクダンサーたちによって考案され、

ここ数年世界に活動が広まっています。

 

去る12月12日、BREAKLETICS日本代表の

Jess君のスタジオを訪問しました。

 

★中野にあるジェス君のスタジオ↓↓

http://www.improvementstudio.jp/bl

 

 

きっかけは、Jess君がSNSで私のストリートダンスのサポート活動を知ってくれて治療に訪れてくれた事です。

 

 

 

彼自身もいろいろな怪我を経験しており、

ストリートダンスの怪我予防の気持ちが強く、

そこから広く一般の人の健康にまで役立てたいと言う気持ちがあり、

私と方向性が同じだったことですぐに意気投合しました。

 

 

さて、このBREAKLETICSですが、

もちろんダンスの動きなので楽しい!

 

でもブレイクダンスでしょ…かなりハードなのでは…

 

と思われる方も多いでしょうが、

とても簡単な段階からとてもハードな段階まで調節可能なのです。

 

体のどこかが怪我をしていたら、

そこを使わない様に変化させる事も可能だそうです。

 

フィットネスと言うからには【健康】

を目標とした運動でなければなりませんからね。

 

実際に小学校で子供たちにも指導されています。

また、前からダンスをやってみたいと思ってたけど…

と言う人でも、エクササイズとしてなら入りやすいのではないでしょうか。

 

今回は私のストレッチ動画の作成もしてもらっている

ブレイクダンスチーム、とびとらのメンバーと一緒に体験してきました。

私以外はブレイクダンスをやっているB-BOYたちでしたので、

かなり厳しいレベルのメニューでした(汗)

私がダメダメだったのも当然です(涙)

 

この模様は後日、とびとらBreak TVのYouTubeチャンネルで公開されます。

 

★とびとらBreak TV

https://www.youtube.com/channel/UCZDiMJF79ajBJOjE37uE9Kw

 

BREAKLETICSは日本のダンスだけでなく、

フィットネスシーンにも新たな波を起こしていきそうです。

 

 

ダンスの専門的な話になりますが、

ブレイクダンスは本当にいろんなスタイルがあり、

個々にそれを作れると言う、とても創造性の高いジャンルかと思います。

 

個々のダンサーによっては別物?

とも思えるほど違ったスタイルが見られたりするのが驚きです。

 

しかし、それゆえ【偏った体の使い方】になりがちです。

 

また、どんどん進化する技により、

体への負担もどんどん増えていく事もあります。

ジェス君も言っておりましたが、

基礎体力に優れたB-BOYでも弱い部分、できない動きがあるようです。

 

・技の進展が遅い

・動けるけど慢性的な痛みが続いている

 

などはやはり、

・偏った動き
・弱い部分

があるからと考えられます。

 

ダンスのスタイルとしては好みがあって当然ですが、

基礎トレとしては好き嫌いなくこれはやっておくべき、

と言うものがいくつかあると思うんですね。

 

それは武道や格闘技で言うと、

・首を鍛えないでレスリングをやる

・柔軟をしないで蹴り技を学ぶ

と言う事と同じ様に思えるのです。

 

BREAKLETICSで体験したシンプルでありながら、

必須の部位が鍛えられるエクササイズは

子供~大人までにもどんどん広まって欲しいと感じました。

 

そして私は私で、

ブレイクダンス、ストリートダンスでよくある怪我はなぜ起こる?

と言う事を考え続けていきたいと思います。

 

BREAKLETICS日本代表のJess君とも交流を続け、

彼のエクササイズの質向上や啓蒙活動、

私のストリートダンス・ブレイクダンスの医療研究会の活動など

お互いの活動に協力し合い、よりよいものにしてまいります!

 

カテゴリー: ダンス, 体の使い方 パーマリンク