成長期の子供のマッサージ・姿勢改善ストレッチ講座

先週の木曜日、三鷹市の小学校にて、

おうちで出来る、成長期の子供のマッサージ・姿勢改善ストレッチ講座

をやらせて頂きました。

私の友人の奥様のご縁で、初めて小学校のママさんたちに講義させて頂く機会を得ました。

(武蔵境駅は初めて降りたのですがおしゃれですね)

毎週水曜に行っている主婦の方たちへの健康体操教室はいつも10名位なので、今回は30数名と言う人数にちょっと圧倒されました(汗)

ご紹介した内容は、成長期の子供の特徴も踏まえつつ子供も大人も選ばない、人間の基本原理を活かしたエクササイズです。

 

まずはママさんたちに、姿勢を変えるという事はどういう事か、そして姿勢がよくなるとどうなるのかを体感してもらう事からスタート。

 

ゆっくりと爪先立ち

左右の片脚バランス

 

をやって頂き、その感覚を覚えておいてもらいます。

爪先立ちになる時にどうしても早く踵を上げてしまうのは、ゆっくりやるとグラグラしてしまうのを体が分かっているからです。

前後に揺れたり、爪先~足首が外に開いてまっすぐ立てなかったりします。

片脚バランスの時に、すっと上げられず、ちょっと重心を乗せる準備をしてから片脚を上げていくのは、いきなり片脚を上げるとグラっとバランスを崩すのを体が感じているからです。

これらは骨格の歪みがあるからです。歪みがあるから姿勢も崩れます。

そして一番大事なのは、姿勢が悪い、骨格が歪んでいる、と言う事よりも、

『その状態で固まっている』

のがダメだと言う事なんです。

爪先立ち、片脚バランスのチェックをして頂いた後、私の考える姿勢改善、運動能力向上のための基本エクササイズをやってもらいました。

 

これは体幹部の3つのパーツ、

1、肩甲骨(鎖骨)

2、胸

3、骨盤

をゆるめて体幹部から分離させていく、と言うエクササイズです。

最初の肩甲骨をゆるめ分離させる1種類のエクササイズのみで、爪先立ち・片脚バランスがまったくと言っていいほどの安定感を出してくれました。

こうやって、お子さんをケアするお母さまたちご自身に体感してもらうことが重要です。

治療家だって、自分が実感してない事を他人に実感させるなんてできませんからね。

それから痛みのない簡単なエクササイズでストレッチがやりやすくなる方法や、

成長期によくある膝や足の痛み予防、肩こり予防、腰痛予防などのおうちでできるマッサージを二人一組になってやって頂きました。

 

みなさんわいわいととても楽しくやって頂けた様で、私も会場のあちこちを回りながら大声で皆さんに説明すると言う形に。

やっぱり話を聞くだけじゃダメですよね。

まずは自分が体験しないと。

(講座後は会議室にてPTA部員の方々、校長先生との懇親会でした)

 

そして講義の方は、

体がゆるんでいる事、重心を崩しやすい事、

体幹部の各パーツの最大可動域を知る事、

各パーツが連動する事が重要である事。

また『正しい姿勢』と言うものは一つではなく、

動きやすく、その場その場に適応して変わるもの

と言う事をお話しました。

 

この考えは、私がストリートダンスのサポートや、格闘技選手たちへの体の使い方の指導から来ており、ご紹介するエクササイズは、主婦も子供もアスリートもまったく変わりません。

 

 

ダンサー用治療院ホームページ~

https://kidaminorusinkyuseikotu.jimdofree.com/

 

怪我や病気からの回復期はまだ運動できませんが、少し回復してきたら必ず運動療法が必要になります。

なぜなら、最終的には自分で自分の体を動かさなければならないからです。

これだけは誰でも同じことです。

弱った人のための治療、そしてさらによくしていくための体の使い方。

これらをより理解するために、私自身も日々運動を怠らず研究していきたいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク