春先は首の冷え対策を

ファッションは合理的とは関係ない面も多いですね。

昔から『伊達の薄着』と言いますし、
寒いのを我慢してでもするのがオシャレで粋なのでしょう。

春の兆しも増してきて、
街では春っぽい服装の方も多く見かけます。

ただ一つだけ心配になってしまうのが
●襟元・足元の肌を露出している
事です。

余計なお世話は重々承知ですが、まだ冬の寒気が残る風に
【首】をさらす事のリスクについて少々。

 

画像の青い部分は【延髄】と呼ばれ
呼吸や血管の運動など
生命維持に重要な機能があります。

その上にある【小脳】はバランス感覚や
脳の命令を他の神経に正しく伝える機能です。

その他、脳の中心部には

・体温調整
・眼球の運動
・消化機能自動調整

などの機能があります。

ここを冷やすと

・風邪予防
・疲労回復
・反射神経(目の情報→運動につなげる)

などの機能が低下すると言う事です。

これは寒がり体質でない方でも同様です。

暑ければすぐにはずせるスカーフなどもいいですね。

オシャレもしつつも、できるだけ肌が寒気に触れない事にもご注意ください。

季節の変わり目の体の負担を減らし、
次の季節を元気に過ごせる様にしたいものですね。

カテゴリー: 慢性疲労症候群・虚弱体質について, 東洋医学・漢方について タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク