虚弱体質/冷え症~疲れやすい人にはスロートレーニングがおすすめ~

休日を利用して格闘技選手たちにも

体の使い方を指導しているのですが、

ハードワークをこなす選手の中にも

【冷え症】【疲れ易い人】がいます。

 

練習の量や頻度、そして内容などをよく検討しないと

体を壊してしまいますので注意が必要です。

 

アスリートでも一般の方でも、虚弱体質・冷え症などの体質の方は

【スロートレーニング】がおすすめです。

 

トレーニングと言うと、心肺、筋肉などにより強い負荷をかける

【動的トレーニング】が先行してしまいがちですが、

内臓や自律神経を安定させ、

【回復力】【免疫力】を高めるには

【静的トレーニング】が必要です。

 

静的トレーニング=スロートレーニングです。

 

それはヨガやピラティス、太極拳の様なイメージです。

具体的には、

 

1、できるだけ少ない呼吸で動作する

 

2、できるだけゆっくり動く

 

3、無理な負荷をかけない

 

がポイントです。

 

ヨガや太極拳を習っていなくても、よくあるストレッチや

ラジオ体操的な動作でも構いません。

 

上の3点を意識して、ご自身がやりたい動作でトライしてみてください。

 

内臓や自律神経の調整には

【瞑想】もいいですが、なかなか難しいです。

 

少し体を使ったスロートレーニングが

【動的な瞑想】

となり、心身で感じ取りやすいので、

リラックスしたゾーンに入りやすいです。

 

そこから【思考】をどんどん減らしていき、

最後は瞑想的なことにトライしてみてはいかがでしょうか。

 

機会があれば、実際にヨガや太極拳などのレッスンを受けて頂くのが一番です。

 

東洋の健康法は、【肉体の活動】【精神の活動】

限界まで減らしていくこと。

 

寿命を延ばすには、呼吸・運動・思考などの活動を低下させ、

体を極限まで休ませること。

 

逆転の発想ですね。

 

・当院の治療や体質改善などのご相談は、

お問合せページからご連絡ください。

 

カテゴリー: 慢性疲労症候群・虚弱体質について, 東洋医学・漢方について, 体の使い方 タグ: , パーマリンク