~運動・行動の1日のリズムの作り方~

(陰陽のマーク。この世の全ては正反対の要素が混ざり合ってなると言う意味です。)

私はもともと体質が疲れやすい、冷えやすい、胃が弱い、

などの弱い体質なので代謝も低く、遅いです。

 

怪我も治りにくく、筋肉痛も遅く来て長引く。

 

10代から武道に親しみ、20代では一時期

プロの格闘技選手として活動したものの、

勝負ごとに合わない性格もあり2戦で引退。

 

そんな自分が自分なりのペースで

なんとか武道を楽しみ日々の仕事もこなし続けるには?

 

やはり、体調の維持と管理しかありません。

 

若くて元気な人でも、過度な運動やハードな仕事が続き、

疲労が蓄積すると疲れやすい状態になり長引くこともあります。

 

最近、いろんな健康本が出ていますが、

私は具体的な方法の前に、東洋医学的な考えをもとにした

『一日のリズムの作り方』

を実践する様にしています。

 

一日のリズムとは、朝起きた時、日中、寝る前などに

適した運動や食事の仕方のことです。

これは最新の健康法と言うより、

根本的な人体の自然の法則と言えます。

 

鍛える、栄養を取る、睡眠などの細かい方法も大事ですが、

おおまかな流れ、法則を知ると応用しやすいでしょう。

 

以下、内容の具体例を挙げてみましょう。

 

●朝・起床時・春

体を起ち上げる(起動させる)

 

立つ、姿勢、呼吸、

 

朝は気温も低く、体温・血圧も低いので、

これから上げていこうとする時間帯です。

 

上記の動作をゆっくりと、楽な状態を作っていきます。

気功や太極拳、空手など武道の姿勢や呼吸を応用しています。

 

●昼・日中・夏

鍛える

筋力、柔軟性、瞬発力、持久力

日中は体温・血圧が高くなるので活動に最適です。

体温の高い時間帯は割と長く、夕方から早めの夜まで続きます。

 

●夜・就寝前・秋~冬

整える

ほぐす、ゆるめる、温める

夜は気温も下がります。

体温・血圧も下がっていき、体は睡眠に向かいます。

その様な時はリラックス重視なので、

無理なストレッチなどもしません。

 呼吸ももちろん大事ですが、変に呼吸法など意識してしまうと

意識が覚醒してしまう事も。

 

それよりも上記の行動をしていると、

呼吸も自然に落ち着いていきます。

 

また、体質が冷えやすい人は、

季節で言えば常に【冬】の状態に近いです。

 

一日の周期を一年の四季に当てはめて養生するのも

東洋医学の面白いところです。

カテゴリー: 東洋医学・漢方 パーマリンク