慢性疲労症候群・虚弱体質その2/原因と東洋医学

慢性疲労シリーズその2です。

今回は原因について、

現代医学・東洋医学の2つの面から見たお話です。

 

あらためて慢性疲労症候群

(CFS : chronic fatigue syndrome)とは?

 

『これまで健康に生活していた人が

ある日突然原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、

それ以降強度の疲労感と共に、

微熱、頭痛、筋肉痛、脱力感や、思考力の障害、

抑うつ等の精神神経症状などが長期にわたって続くため、

健全な社会生活が送れなくなると言う症状が

6ヵ月以上持続ないし再発を繰り返し、

その他の検査結果等により医師が認めたものを言います。』

 

当ブログでは慢性疲労症候群との診断がつかなくても、

慢性疲労症候群に極めて近い症状の方を

【慢性疲労体質】と呼び、

東洋医学的な改善法を探ってまいります。

 

 

1、現代医学的な原因

(1)ウイルス

体内にもともとあるウイルスが、

神経の働きやホルモンの分泌などを害することで

疲労回復がうまくいかなくなると言う説。

 

(2)ストレス

ストレスにより、

副腎疲労(ストレス抵抗ホルモンの出し過ぎによる)

脳内の炎症(神経活動が過剰になる)

などが起こり、ホルモン系、神経系が乱される。

それにより筋肉や内臓など、

あらゆる部位に炎症や異常が起きると言う説。

 

2、東洋医学的な原因

現代医学の解説を見ると、

ホルモン分泌・神経の働き・ウイルス

などに負けてしまっているのだな、

と言う事が分かります。

 

東洋医学ではそもそものこれらに対する抵抗力、

つまり気、陰陽で言うと

【陽】の気が不足していると考えます。

 

3、陽の気(陽気)とは

 

・体を温める

・外的要因(気温、湿度、気圧等)から守るはたらき

・内的要因(心身のストレス)から守るはたらき

・消化力

・活動力(仕事、家事、その他を精力的にこなす力)

・回復力(疲労や怪我・病気から体を再生させる力)

 

などの働きをしています。

 

4、東洋医学の【血】とは

そして陽気が不足すると【血】も不足していきます。

東洋医学で言う血とは以下の2つの意味があります。

 

  • 広い意味での【血】:細胞成分+血漿成分

 

  • 狭い意味での【血】:細胞成分のみ

【細胞成分】とは、赤血球や白血球、血小板などの

【形】のある物の部分です。

言わば、血液の【具】の部分です。

 

【血漿部分】とは赤血球などの形ある物以外の

【液体】の部分のです。

血液の【水分】の部分です。

この血液中の【水分】が不足すると、体は熱を持ちやすくなりますが、

活動的であるメリットもあります。

 

そして【具】が不足すると、体は冷えやすくなります。

全ての活動が低下し、仕事や運動はおろか、

人と会うのでさえ疲れるようになります。

 

初期は【陽気】のみが不足した状態ですが、

長期化するとこの血液の【具】の部分である

赤血球や血小板などが不足して治りにくくなります。

 

※現代学の検査で【貧血】と診断されなくても、

その方の主訴(体の冷えや胃腸の状態など)や

脈診、腹診などの東洋医学の診断での判断でのことです。

 

5、まとめ

慢性疲労症候群シリーズの記事その1

でも触れましたが、

とにかく体温を下げないような工夫が必要です。

 

衣服はもちろん、食事、その他活動の仕方も、

まわりの普通の人たちにはない小さな注意点がたくさんあります。

 

これはとても面倒なことではありますが、

ここが改善の分かれ道となります。

 

長い目で見て、腰をすえてかかりましょう。

ライフスタイル全体を見直すきっかけとして

少しずつよくなっていくのを楽しめるようにしたいですね。

 

・当院の治療にご質問のある方は、

お問合せページからご連絡ください。

 

・最初から治療はちょっと…でも話を聞きたいと言う方

東洋医学相談コースが御座います。

↓↓↓

https://kidaminorusinkyu.jimdo.com/course/

 

カテゴリー: 慢性疲労症候群・虚弱体質について, 東洋医学・漢方について, 自律神経の症状 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク